関西人男のクッキングライフ

東京在住関西人の男のお料理や食生活を恥ずかしがらずにちょこっと公開しま
す。

ライムジャムを作りました

国産ライムが手に入って、先日のライム酒に引き続き、ジャムを作ってみることにしました。ライムジャムのレシピというのはなかなか見つからなかったので、レモンジャムの作り方に倣ってみたものです。また、せっかく圧力鍋があるので、それを使ったレシピを参考にしました。

圧力鍋でレモンジャム
http://motymama.miyachan.cc/e142022.html

一晩水につけておいたライムを縦に4つに割り、実と皮を分けました。今回のライムは、皮が比較的薄いものが多く、力を入れて剥かないと皮が実に残ってしまうので、意外と結構な労力になりました。

参考にしたレシピに従って、皮を細めに切って、先に皮だけを圧力鍋で煮ます。その後、実のほうを圧力鍋にかけて、砂糖と先に煮た皮を追加し、圧力をかけずに普通に煮込みます。

ジャムのとろみをつけるのに、レシピでは種を煮込んで抽出したペクチン液を使っているのですが、使ったライムには種がひとつも入っていなくて、皮と実の間の薄皮を使ったら出るかもと思いつつ、もともと皮が薄いこともあって、このまま煮詰めようとしていました。

が、いっこうに固まる気配がなく、慌ててスーパーまでペクチンを買いに出ました。

無事ペクチン液を追加して、さらに煮詰めたのですが、それでも想像していたとろみがつかず、こういうものかな、とあきらめて火を止めました。

かき集めた蓋つきビンを熱湯煮沸し、逆さまにして密封状態になるようにしながら冷まして完成です。

その後、冷蔵庫で冷やすとジャムらしくなっていました。ペクチン奮闘の時間分、必要以上に長く煮込んでしまったこともあって、ちょっと苦みが出てしまいましたが、まあライムらしいと言える範疇でしたので、一応成功です。

チキンやポークのソテーに添えて調理するととてもおいしいです。あとは朝のトーストのお供にしています。レアチーズケーキの中にフルーツソースとしても使ってみたので、こっちは後ほどアップいたします。

圧力鍋を使ったこともあり、わりと手軽に作ることができました。季節の果物や野菜をつかって、時々ジャムを作るのも楽しそうです。瓜系(メロンやすいか)のジャムをみたことがないので、来年のシーズンに一度やってみようと思います。

あと、作っている様子をインターネット配信していました。途中、ペクチンを買いに行ったので2つに分かれているのと、まあ調理時間ずっと流していたので長いのですが、興味がありましたらご笑覧ください。

その1
http://www.ustream.tv/recorded/10390693
その2
http://www.ustream.tv/recorded/10392709

by falcon

共感!!(3) コメント(0)
共感!!(3) コメント(0)