HOME >   食と健康Q&A  
ちょっと気になる、こんなこと。食と健康Q&A vol.11 Q. 立ちくらみしやすいのですが、原因や予防策を教えてください。

Answer立ちくらみは、起立性調節障害や鉄欠乏性貧血などから起こることが多いものです。起立性調整障害は、自律神経機能の失調により、立ったときに血圧が下がるもので、思春期に起きやすく、朝起きられない、だるい、頭痛、食欲不振などの症状もよくみられます。生活習慣のケアなどで徐々に改善をはかることができます。

鉄欠乏性貧血は、赤血球中のヘモグロビンの材料となる鉄が不足して起こる貧血です。ヘモグロビンは全身に酸素を運ぶ役をしており、鉄が不足するとその働きが滞り、酸素不足から立ちくらみやふらつき、倦怠感が起きやすくなります。食事の偏りや女性では月経の影響、また、胃潰瘍や子宮筋腫などによる出血が原因の場合もあります。症状が続く場合は、早めに診察を受けましょう。

いずれの場合も、栄養バランスのとれた食事を規則的にとることは、症状改善の基本です。また、鉄欠乏性貧血の場合は、鉄を努めてとりましょう。動物性食品(レバー、牛赤身肉、カツオやアサリなどに豊富)に含まれる鉄はヘム鉄といい、植物性食品(青菜、大豆製品、ひじきなどに豊富)に含まれる非ヘム鉄より吸収されやすいものです。肉類には鉄の吸収を高める物質も含まれています。一方、非ヘム鉄もビタミンCといっしょにとると吸収されやすくなります。肉や魚、大豆製品、海藻と、青菜をはじめビタミンC豊富な野菜やくだものを献立に組み合わせるのが得策といえるでしょう。結局、栄養バランスのよい献立に通じますね。

ここがポイント!★栄養バランスのよい献立を規則的にとることが大事。★鉄欠乏性貧血の場合は、鉄とビタミンCをいっしょにとる。★レバーや赤身の肉・魚、大豆、ひじき、青菜などは鉄が豊富。

アドバイス/佐藤智英
女子栄養大学短期大学部准教授(臨床栄養学研究室)。管理栄養士、博士(栄養学)。自治医科大学附属病院他にて病院栄養士として糖尿病などの食事指導に長く携わったのち、2010年より現職。

レバーのから揚げねぎ塩レモン味 ★鉄の宝庫レバーとビタミンCたっぷりのパプリカのコンビで。から揚げ粉でレバーのくせがおいしさに変わる!

鉄の宝庫としておなじみのレバーに、ビタミンCが豊富なパプリカをとり合わせます。レバーのから揚げにお肉をやわらかくするから揚げ粉を使うと、レバーのくせとも絶妙にマッチして、風味豊かな一皿に。香味野菜をたっぷり加えたねぎ塩レモンだれは、焼き肉などにも重宝します。適量を添えて、さわやかな味わいを楽しんで。

photo

作り方(2人分)

  • 鶏レバー200gは1cmの厚さに切り、流水に10分さらして血抜きをし、ていねいに血筋を除いてざるに上げる。ペーパータオルにはさんで30分おき、水けをよく除く(揚げる際のはねを防ぐため)。
  • パプリカ赤・黄各1/2個は小さめの乱切りにする。
  • ねぎのみじん切り1/3本分、しょうがのみじん切り1かけ分、レモン汁大さじ1、塩と砂糖各小さじ1/3、油「SHOWAオレインリッチ」小さじ1、あらびき黒こしょう少量を混ぜ合わせてたれを作る。
  • (1)をポリ袋に入れ、「SHOWAお肉をやわらかくするから揚げ粉」大さじ3弱(約20g)を加えてよくふってまぶし、4〜5分おく。
  • 揚げ油「SHOWAオレインリッチ」を180度に熱し、パプリカをさっと揚げてとり出す。次に(4)を入れ、2〜3分カラリと揚げる。両方を混ぜて器に盛り、(3)を添える。

1人分 232kcal 食塩相当量2.0g

料理/伊藤晶子 撮影/山本明義 スタイリング/石川美加子
出典:「栄養と料理」2015年4月号

バックナンバー
photo
vol.24:体のサビ(酸化)を防ぐには、どのような食事が良いでしょうか?
レシピ:かぼちゃときのこのピッツァの献立
photo
vol.23:スポーツをする人は、どのような朝ごはんが良いでしょうか?
レシピ:レンジパンケーキサンドの朝食
photo
vol.22:マラソン大会を控えた人は、どのような食事が良いでしょうか?
レシピ:お手軽サルシッチャと冬野菜のペンネの献立
photo
vol.21:筋肉疲労の回復を早めるには、どのような食事が良いでしょうか?
レシピ:サケ天のトマトレモンあんかけの献立
photo
vol.20:体脂肪を減らしたい時は、どのような食事が良いでしょうか?
レシピ:鶏ささ身のレンジから揚げと野菜の黒酢あんの献立
photo
vol.19:試合がある日は、どのような食事が良いでしょうか?
レシピ:ベーコンと野菜入りケークサレの献立
photo
vol.18:夏の運動時の水分補給と食事は、どうしたら良いでしょうか。
レシピ:ウナギと夏野菜のジョンの献立
photo
vol.17:日焼けの予防や、日焼けの回復によい食べ物はありますか?
レシピ:お日さま菜園ケーキ
photo
vol.16:抜け毛を防ぎ、健康な髪を保つ対策はありますか?
レシピ:甘辛豚肉と枝豆入りねぎ玉
photo
vol.15:このごろ目の疲れをよく感じるのですが…。
レシピ:ブルーベリーとモッツァレラチーズのパスタ
photo
vol.14:二日酔いしたときの対策や、予防策はありますか?
レシピ:焼き豚とアボカドソースのブリトー風
photo
vol.13:いつも便秘がちですが、改善対策を教えてください。
レシピ:きのことごぼうのカレー風味お好み焼
photo
vol.12:気分の落ち込みが続き、うつ病になりそうな不安も…。改善策はありますか?
レシピ:春野菜とスモークサーモンのお好み焼
photo
vol.11:立ちくらみしやすいのですが、原因や予防策を教えてください。
レシピ:レバーのから揚げねぎ塩レモン味
photo
vol.10:血中コレステロール値、特に悪玉コレステロール値が高いのですが・・。
レシピ:サバと青菜とトマトのスパゲッティ
photo
vol.9:どうも近ごろ風邪をひきやすいのですが・・。
レシピ:ベジタブルカレーホットケーキ
photo
vol.8:口の中が荒れて、食べるとしみたり痛みを感じたりするのですが。
レシピ:オレンジ風味のヨーグルトスクープケーキ
photo
vol.7:夏なのに、体が冷える感じがします。冷房のせいでしょうか。
レシピ:鶏肉のレンジから揚げ しょうがフルーツあん
photo
vol.6:熱中症から身を守るには、どんな注意が必要でしょうか。
レシピ:ココナッツパンケーキ ヨーグルト&フルーツソース
photo
vol.5:このごろ食欲もわかず、だるくて疲れがとれません。
レシピ:豚肉ととうもろこしのかき揚げ
photo
vol.4:免疫力を高めるにはどんな対策が必要ですか?
レシピ:ごまチーズおからクッキー
photo
vol.3:腸内環境を良好にするには、どんな注意が必要ですか?
レシピ:鶏ささ身のレンジから揚げのカップずし
photo
vol.2:足や顔などがむくみやすいのですが、どんな点に注意したらよいでしょうか?
レシピ:アーモンドパンケーキ
photo
vol.1:肌のかさつきや荒れ、その原因と対策は?
レシピ:豆苗とにんじんの一口お好み焼