HOME >   食と健康Q&A  
ちょっと気になる、こんなこと。食と健康Q&A vol.15 Q. このごろ目の疲れをよく感じるのですが…。

Answer現代人の目の疲れは、パソコンや携帯通信機器の影響が大きいようです。厚生労働省の調査※1では、コンピューター(VDT)※2作業労働者で疲労を感じる人は7割おり、その中で目の疲れや痛みを訴える人は9割にのぼります。ディスプレイ画面は光の点滅が激しいうえ、画面、キーボード、資料など広範囲に目を頻繁に動かすため、神経伝達機能が疲弊するとみられています。また、瞬き回数の減少から涙の量が減って目の粘膜が傷むドライアイも起きやすくなります。

疲れを防ぐには、パソコン作業などは長く続けず、こまめに目も体も休めることが第一です。VDT作業労働者の場合は労働衛生管理のガイドラインが設けられています。なお、コンタクトレンズやメガネの不適合、遠視や乱視などが原因の場合もあるので、目の不調を感じたら眼科医の診察を受けることも大事です。

栄養素で重要なのはビタミンAです。目の機能を正常に保ち、光の感知に必要なロドプシンの原料ともなります。青菜などに多いカロテンはビタミンAのよい供給源で、またその一種で黄色い色素のルテインは網膜で細胞の酸化を防いでいます。また、ブルーベリーに多い赤紫の色素アントシアニン、サケやエビの赤い色素アスタキサンチンも抗酸化力が高く、眼精疲労予防などの働きがあるとみられます。ビタミンCや植物油に多いビタミンEも抗酸化力があり、油はカロテンの吸収を助けます。たんぱく質源に多いビタミンB群も神経伝達に必要なので、併せてとるとよいでしょう。

※1:厚生労働省「平成20年技術革新と労働に関する実態調査結果」より
※2:VDTはディスプレイやキーボードなどの機器を指す

★パソコン作業はこまめに休憩を。★ビタミンAの供給源カロテンを青菜などで積極的に。★アントシアニン、植物油、たんぱく質などもとろう。

アドバイス/佐藤智英
女子栄養大学短期大学部准教授(臨床栄養学研究室)。管理栄養士、博士(栄養学)。自治医科大学附属病院他にて病院栄養士として糖尿病などの食事指導に長く携わったのち、2010年より現職。

プチッとはじける実とチーズのもっちり感が楽しい ブルーベリーとモッツァレラチーズのパスタ

アントシアニンとビタミンA・B群・Eなどが摂取できるパスタです。ブルーベリーとモッツァレラチーズは相性抜群!酸味とコク、ぷちぷち感ともっちり感など、2つの食材のコントラストを存分に楽しんで。目の健康にも役立つ植物油、おいしさにもこだわるなら、SHOWAエクストラバージンオリーブオイルがイチオシです。ブルーベリーとあわせることで、眼精疲労予防にも役立ちます!

photo

作り方(2人分)

  • ブルーベリーは100g用意し、半量は半分に切る。モッツァレラチーズ100gは手で一口大にちぎる。
  • SHOWA食感をたのしむスパゲッティ(1.4mm)」200gは、塩大さじ2弱を加えた沸騰湯2リットルに入れて表示の時間より30秒短くゆで、ざるに上げる。
  • 一方で、フライパンに「SHOWAエクストラバージンオリーブオイル」 大さじ2を熱して玉ねぎのせん切り1/2個分をしんなりといため、白ワイン大さじ3を加えて煮詰める。(2)のゆで汁1カップを加えてとろりとするまで混ぜ、ブルーベリー全量を加えて1〜2分煮込む。
  • (2)と粉チーズ大さじ3を加えて混ぜ、塩・こしょう各少量で調味し、モッツァレラチーズを加えて混ぜる。器に盛り、ミントを飾る。

1人分680kcal 食塩相当量3.1g

料理/伊藤晶子 撮影/山本明義 スタイリング/石川美加子
出典:「栄養と料理」2015年6月号

バックナンバー
photo
vol.24:体のサビ(酸化)を防ぐには、どのような食事が良いでしょうか?
レシピ:かぼちゃときのこのピッツァの献立
photo
vol.23:スポーツをする人は、どのような朝ごはんが良いでしょうか?
レシピ:レンジパンケーキサンドの朝食
photo
vol.22:マラソン大会を控えた人は、どのような食事が良いでしょうか?
レシピ:お手軽サルシッチャと冬野菜のペンネの献立
photo
vol.21:筋肉疲労の回復を早めるには、どのような食事が良いでしょうか?
レシピ:サケ天のトマトレモンあんかけの献立
photo
vol.20:体脂肪を減らしたい時は、どのような食事が良いでしょうか?
レシピ:鶏ささ身のレンジから揚げと野菜の黒酢あんの献立
photo
vol.19:試合がある日は、どのような食事が良いでしょうか?
レシピ:ベーコンと野菜入りケークサレの献立
photo
vol.18:夏の運動時の水分補給と食事は、どうしたら良いでしょうか。
レシピ:ウナギと夏野菜のジョンの献立
photo
vol.17:日焼けの予防や、日焼けの回復によい食べ物はありますか?
レシピ:お日さま菜園ケーキ
photo
vol.16:抜け毛を防ぎ、健康な髪を保つ対策はありますか?
レシピ:甘辛豚肉と枝豆入りねぎ玉
photo
vol.15:このごろ目の疲れをよく感じるのですが…。
レシピ:ブルーベリーとモッツァレラチーズのパスタ
photo
vol.14:二日酔いしたときの対策や、予防策はありますか?
レシピ:焼き豚とアボカドソースのブリトー風
photo
vol.13:いつも便秘がちですが、改善対策を教えてください。
レシピ:きのことごぼうのカレー風味お好み焼
photo
vol.12:気分の落ち込みが続き、うつ病になりそうな不安も…。改善策はありますか?
レシピ:春野菜とスモークサーモンのお好み焼
photo
vol.11:立ちくらみしやすいのですが、原因や予防策を教えてください。
レシピ:レバーのから揚げねぎ塩レモン味
photo
vol.10:血中コレステロール値、特に悪玉コレステロール値が高いのですが・・。
レシピ:サバと青菜とトマトのスパゲッティ
photo
vol.9:どうも近ごろ風邪をひきやすいのですが・・。
レシピ:ベジタブルカレーホットケーキ
photo
vol.8:口の中が荒れて、食べるとしみたり痛みを感じたりするのですが。
レシピ:オレンジ風味のヨーグルトスクープケーキ
photo
vol.7:夏なのに、体が冷える感じがします。冷房のせいでしょうか。
レシピ:鶏肉のレンジから揚げ しょうがフルーツあん
photo
vol.6:熱中症から身を守るには、どんな注意が必要でしょうか。
レシピ:ココナッツパンケーキ ヨーグルト&フルーツソース
photo
vol.5:このごろ食欲もわかず、だるくて疲れがとれません。
レシピ:豚肉ととうもろこしのかき揚げ
photo
vol.4:免疫力を高めるにはどんな対策が必要ですか?
レシピ:ごまチーズおからクッキー
photo
vol.3:腸内環境を良好にするには、どんな注意が必要ですか?
レシピ:鶏ささ身のレンジから揚げのカップずし
photo
vol.2:足や顔などがむくみやすいのですが、どんな点に注意したらよいでしょうか?
レシピ:アーモンドパンケーキ
photo
vol.1:肌のかさつきや荒れ、その原因と対策は?
レシピ:豆苗とにんじんの一口お好み焼